« ふなっしーのお菓子をもらう | トップページ | セブンイレブンで売ってた「金のビール」なるものを買ってみる »

横頸中攻(少林寺拳法)

Anc161_org298450
少林寺拳法の圧法の話しですlovelyすると、このお姉さんの登場ですheart02。横頸中攻は首の耳の下の方にある場所の“松風”を押したり打ったりします。これも例によって兵法の呼び名らしく、経穴の名称だと出てきません。調べると、ウィキペディアの「手の陽明大腸経」に、天鼎(てんてい)という穴とわかりました。お姉さんの図でも載ってませんが、扶突(ふとつ)のちょっと下らしいです(これは載ってますねheart01)。

ちょっとおもしろい事が書いてあって、この急所は兵法だと左が松風(まつかぜ)で、右だと村雨(むらさめ)というらしいですねcoldsweats01。この違いは何なんだ・・・。大抵の人は構えるときに、左が前になるオーソドックスか右前のサウスポーになりますが、その向きによって狙いにくいから?とかそんなのがあるのかなsweat02。刀を持つときは、右が前になるのかな。すると、相手に向いているのは、村雨になりますか。今度、子供達にひけらかそ~happy02意味は知らんけどな。


|

« ふなっしーのお菓子をもらう | トップページ | セブンイレブンで売ってた「金のビール」なるものを買ってみる »

少林寺拳法」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/61079052

この記事へのトラックバック一覧です: 横頸中攻(少林寺拳法):

« ふなっしーのお菓子をもらう | トップページ | セブンイレブンで売ってた「金のビール」なるものを買ってみる »