« 頸脉攻 #少林寺拳法 | トップページ | 神代植物公園の紅葉2018-その七 #紅葉 #神代植物公園 »

寄抜と両手送小手 #少林寺拳法

以前、「巻抜と両手送小手」という記事を書いたんですが、またまた気になってきて、年少部の子に科目表を見せてもらって、“形”としてはどうやっているのか見てみました。

すると、送小手をする前に片方を抜くわけなんですが、抜きに関しては“巻抜”、“寄抜”のどちらでもいいと書いてありました。なので、片方が捻られる状況であっても、“寄抜”をやる鈎手、“巻抜”をやる鈎手のどちらで守っていてもいいということです。両方とも巻抜防御だとおかしいので、まあ、片方は巻抜的、もしくは両方寄抜的な形になるわけでしょう。

で、以前考察した、巻抜的な鈎手を残しておいて、片方を寄抜して、送小手をかけるという流れですが、先輩に聞くと、関西はそうやるところが多いし、それはそれでいいんじゃないか、ということでしたcoldsweats01。片方抜かないでやるところもあるようで、なんとも形があるようでないような、地域差がある技という感じです。

順の手で寄抜はやりにくいので、巻抜鈎手防御の場合は、差し替える必要が出てくるとは思います。すると、動作が一つ増える?ので、あまり合理的な運用ではないような気もしてきたりsweat02。諸手も巻抜きは、順で抜くのが多くなってきてるようですから、巻抜きは順の手を抜くことは問題無いんでしょう。寄抜は、相手に寄っていく性質上、前にある手だとやりにくいとは思います。

うーん、よくわからんなbearing

|

« 頸脉攻 #少林寺拳法 | トップページ | 神代植物公園の紅葉2018-その七 #紅葉 #神代植物公園 »

少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/66100319

この記事へのトラックバック一覧です: 寄抜と両手送小手 #少林寺拳法:

« 頸脉攻 #少林寺拳法 | トップページ | 神代植物公園の紅葉2018-その七 #紅葉 #神代植物公園 »