« パソコンを新調2018-その壱 | トップページ | Windowsのミラーボリューム上でVHDの差分ディスクを作ったら、ウイルスバスターのリアルタイムスキャンの影響で“冗長の失敗”になる »

パソコンを新調2018-その弐

約十年ぶりのパソコン組み立てのその弐ですhappy01

買った部品は、

INTEL 「Core i7-8700 BOX」
Supermicro 「SuperO C7Z370-CG-IW」
CORSAIR DDR4-2666MHz VENGEANCE LPX Series 8GB×二枚
WD WD NVMe Black(M.2-2280 500GB)×二個
INWIN .IW-BL634W/300B

になります。

CPUは付けたので、今度はメモリーを付けていきます。
Dsc_1588
本当はスポンジみたいなのの上に置いてやるのがいいのでしょうが、ないのでタオルを敷いてやってましたcoldsweats01

次にNVMeタイプのSSDを本体に付けていきます。
Dsc_1589
二枚させるので、後で拡張するのも面倒なので一気に買って付けてみました。

もう一枚はどこに刺すのかな?!と思っていたのですが、裏にありました。
Dsc_1590

次にケースに収めていきます。
Dsc_1591
このケースは今時珍しく、5インチベイがあって、かつ内蔵できるドライブ(3.5インチ)が三つ、外付け用3.5インチも一つ付けられます。ちょっと古い型でフロントにはUSB3.0とかないんですが、収納性で選びました。

Mini-ITXなのもあって、中はかなり空いてます。
Dsc_1593
まだHDDとか光学ドライブは付けてませんが、とりあえず動かせる状態にしました。

コンセントにつなげて、BIOS画面を写して組み付け作業は終わりになりましたhappy01
Dsc_1596
無事に起動してよかった~flair

|

« パソコンを新調2018-その壱 | トップページ | Windowsのミラーボリューム上でVHDの差分ディスクを作ったら、ウイルスバスターのリアルタイムスキャンの影響で“冗長の失敗”になる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5390/67256179

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンを新調2018-その弐:

« パソコンを新調2018-その壱 | トップページ | Windowsのミラーボリューム上でVHDの差分ディスクを作ったら、ウイルスバスターのリアルタイムスキャンの影響で“冗長の失敗”になる »