カテゴリー「芸能・アイドル」の8件の記事

アマンダ・サイフリッド・・・

「テッド2」見ていいなと思ってlovely、他の映画も見たりしたんだけども・・・。今回、ハッキング被害で、あんな写真やこんな写真が出てしまったらしいですねbearing記事はこちら・・・)。まあ、普通のいい女性ですから、誰かと付き合ったり、そういうことしたりするのは当たり前と思いますがねsad

ちょっと前のエマ・ワトソンの画像よりも、こっちの方が、僕にとっては衝撃だったかな。だからといって、映画を見なくなるとかはないですけど。むしろ、普通の人なんだなと、逆に好感が持てたりflair。アイドルはウンコしないとかtoilet、脇毛も生えないhairsalonとか思っている人いそうですか、人間ですから糞もするしむだ毛も生えるでしょうしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクラ部のもえちゃん #マイクラ部 #マインクラフト

最近はマイクラやってるわけですが、マイクラ部のもえちゃんがかわいいな~と思って調べたら、WEBマスターの手帳さんの「マイクラ部の『もえちゃん』がカワイイなと思ったら『虹のコンキスタドール』に所属するアイドルだったw」の記事で、鶴見 萌さんとうアイドルだったとわかりましたlovely。早速フォローしちゃおうheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真田氏歴史館の笑福亭鶴瓶と堺雅人のサイン #堺雅人 #真田氏歴史館 # 笑福亭鶴瓶 #真田丸

Dsc_0893
真田丸やっているからではないんですが、上田市の「真田氏歴史館」に行ってきましたhappy01。そこで、笑福亭鶴瓶さんと堺雅人さんのサインを発見flair。家族に乾杯で来たみたいですね。鶴瓶さんのサインは別の所でも見たことがあって、メガネみたいのが描いてあるのが特徴ですかね。堺雅人さんのサインは初めて見たけど、普通に文字が書いてある感じcoldsweats01。珍しいものがみれてよかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に中江有里さんを見る♪(誕生日ネタ) #中江有里 #毛沢東

Dsc_0700
何となく昼間テレビを見ていたら、NHKで中江有里さんが本の解説をしているのを発見tvlovely。ちょっとファンだったし、誕生日が同じってことで、昔はよく気にしてみていた(写真集とかね)。久々に見て、本のレビューしてるからってのもあるけど、美人だし知性がある感じでとても好感が持てたな。解説もわかりやすかったしnotes

誕生日っていえば、12月26日は、毛沢東の誕生日でもあるんだよねcoldsweats01。ちなみに、26日は、クリスマスにもらったプレゼントを開ける日で、ボクシングデーともいうんだとか。殴り合う日じゃないんだよpunchbearing。箱を開け合う日なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斉藤和義「カーラジオ」


この曲、かっこいいんだよね~rvcarhappy02note最近は車に載る事が多いのでJ-WAVEを聞いているんだが、たまにかかるnotes。調べてみると、JFLの20周年のアニバーサリー・ソングということで、斉藤和義の書き下ろしの曲らしい。JFL各局でしか聴くことのできない特別な楽曲ともあった(詳細はこちら♪)。これ、CDにいつ入るのかな~happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰とお泊まりしたっていいじゃないの。ほっといてやれよ・・・。

 フライデーされちゃった芸能人の人の事が書かれていた。北乃きいって人が若手イケメン俳優とお泊まりデートしたとかって。うんと、そんなの普通じゃん?!。てか、みんなやってないの?!coldsweats01お泊まりでデートするカップルなんて世の中にごまんといるわけなんで、僕は全然気にならんな~。まあ元から芸能人に興味がないってのはあるんだけどね。

いくらかわいくたって、おならするしうんこもする。エッチもするさheart01coldsweats01。ほっといてやれよ~とは思うが。まあ、パパラッチが追ってよい写真が撮れれば、記事書けてお金なるんだろうな~。まあしかし、当人達はいい迷惑だろうに・・・。

氷川きよしが松村雄基と一緒のところをフライデーされたってのも読んだcatfacesweat01こちらも、ほっといてやれよって感じ。フライデーの記者とかパパラッチを、逆パパラッチしてしまえばいいんだよねきっとbearingcameradelicious。でもあれかな、パパラッチに追われるってことは、それだけ人気が有る芸能人ってことなのかな。僕なんて、頭おかしい女にしか追われないからな~penguindashdashpigdashdashdashこまったもんだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクは買って、走り出せ!

 この前TVで、尾崎豊のミュージカルをやるとやっていた。いまだ根強い人気があるみたい。僕もCDを持っていた時期もあった。尾崎豊が紹介されると必ず流される曲、それが「15の夜」。僕はこの曲を聴くたびに憤りを覚える。バイクを乗っていた人なら皆思うだろうけど、「盗むな!」「買って走れ!」ということbearingannoyこんな事を書くと、熱烈なファンの人の反感を買うだろうなcoldsweats01

 15では免許は取れないからこの歳でのバイク運転も違反だが、まあ他人に迷惑かけず乗るんだったらいいとは思う。「盗んだバイクで走り出す~」、これはいかんangry。100万も200万もする物を盗まれて、免許も持たず価値もわかってないような若造に乗られるのは、真に許し難い。

 「盗んだバイクで走り出す~」、盗むなpout。これは最悪。

 「オヤジのバイクで走り出す~」、お父様から借りればいいんです、盗まずにbearing。カブでもハーレーでもcoldsweats01。カブならそんなに運転も難しくないし、15歳でも乗れそう。ハーレーはちょっと難しいのもあるみたいだし、エンジンすらかけられないかも。

 「買ったバイクで走り出す~」、これはまあまあいい。上と同じように、無免なのはよくない。盗むことはないので、一つ他人様にに対する迷惑は減る。事故は起こさないように、広い空き地などで走ればよいのだ。サーキットとかも大丈夫だろう。クローズドコースなら免許はいらん(ライセンスが必要な所もあるだろうが)。

 「オカンのチャリコで走り出す~」、これは無問題。むしろ推奨flair。僕は17歳でバイクの免許を取ったんだけど、それはまではママチャリ生活。大変便利な乗り物であった。今風に言えば、エコカー?clover。今でも自転車に乗るが、短距離だったらこれにかなう乗り物はないだろう。遠出も可能だし。

 「盗まず家出もやめといた~」、「15の夜」という曲は、友達と家出したときのエピソードを元に書かれているらしい(ここをみてね)。家出をしちゃうというのは穏やかでないが、なんとか思いとどまってもらえば、バイクも無傷、家庭も穏やかといいことばかり。10代のカリスマは生まれないが、日本国にとって有益な若者が一人増えるのは間違いない。

 大人はわかってくれない!なんてつっぱる気持ちもわからんでもない。バイクは楽しい乗り物だし、15歳でも乗りたいのもわかる。だがしかし、盗むな!買えangry。この歌を聴くたびにそう思う。もう無いが、僕のバイクはYAMAHAのYZF-R6というバイクだった。100万くらいだったかな。大切なバイクを盗まれたら、凄いショックに違いない。10代のカリスマなんて尾崎豊のことを言うけれど、この曲を聴いて他人様のバイクを盗もうなんて気を起こさないようにsign03


参考にしたページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/15の夜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「名前のない女たち 2-企画AV女優19人の人生-」を読んで

 書店に山積みにされていたこの本を目にしたとき、ふと手に取って読んでみた。企画物AV女優にインタビューして、そのときの内容が書いてある本だった。直感に導かれるまま、購入して読んでみた。家に帰ってから、時が経つのも忘れるくらい読んでしまった。
 AVと言えば「アダルトビデオ」の事だ。その内容におけるジャンルは幅広く、多種多様な物がある。ビデオを借りる又は購入するときは、出演している女優や内容を重視するだろう。一時だけ快楽を見せてくれる彼女達だが、出演しているAV女優の人生や、出演に至る経緯など考えるよしもない。それはビデオを鑑賞するに、それらを考慮する必要もないからだろう。この本はそのような普段気にされることがない、女優がなぜAV出演に至ったかを、インタビューしている物である。
 僕は性的倒錯者ではないと思うが、ビデオならジャンル問わず何でもござれだ。そんな僕がAVを見ているとき、画像に耐えられず停止したりすることはほぼない。ほとんどの人もそうだと思う。いいシーンで一時停止することはあるだろうが・・・。だがこの本を読んでいるときは、何度も読むのを止めた。AV出演の経緯で、微笑ましくなるようなエピソードもあるが、それ以外のほとんどが悲しくそして悲惨だ。涙が出るくらい、悲しいものもある。これほど過酷な人生があるのかと、驚き、ある意味新鮮な気持ちになった。「悲惨」と書いたが、女優本人たちはそう思ってはないかもしれない。だが僕は純粋に、「過酷」とか「悲惨」とかという状況だと認識した。
 少しエチーな表現も出てくるが、そういうのに抵抗がなければ、男性女性問わず読んで欲しい。僕は、いかがわしい「AV女優なんて」というイメージではなくて、生きることに懸命な女性達なんだと感じた。


参考文献
中村淳彦.(2005),名前のない女たち2 企画AV女優19人の人生,宝島社


| | コメント (0) | トラックバック (0)