カテゴリー「ブス」の4件の記事

ぽっちゃりとデブ

 先日、洋服を買ったんだが、レジにいた女の店員さんがかわいかったlovelyまた行こうかな~エヘヘheart02
 と僕の購買意欲に関してはどうでもいいんだが、この女性店員、スリムではなくて少しぽっちゃりという感じ。でも、とてもかわいらしくて、僕がまた買い物に行ってしまおうかと思わせるほど。一つ勘違いしている女性がいるが、男はスレンダー好きばかりではないということ。僕は少しぽっちゃりしているほうが、女性らしくていいと思っている。モデル体型なのは美しいけど、なんか不自然な気もする。

 でもって、この女性店員をみて思ったことがあった。同じぽっちゃりでも、顔がブスだったらどうだろう・・・。ぽっちゃりでなくなって、デブ!となるな。”ただしイケメンに限る”なんて言葉があるように、”ただしかわいいに限る”とも言えそう。思考の流れはこんな感じ、

対女性
少し太め→かわいい顔→ぽっちゃり→好きheart02お嫁に来てlovely
少し太め→ぶさいく顔→デブ→嫌いthunder近寄るなcrying

という感じだろう。男でも同じ事が言えて、

対男
少し太め→イケメン→たくましい→好き
少し太め→ブサメン→ぜい肉デブ→嫌い

 とこんな感じにcoldsweats01。僕の事を好きになってくれる人は普通の体型の人が多かったから、あまり考えたことはなかったんだが。きっと、ぽっちゃりな女性でも、僕が同じように好きになることはあるだろう。
 女性差別!なんて言われるこまるから、ただのたとえ話と読んで欲しい。スレンダーとかアスリートみたいな人達は、高性能で速く走るために作られたスポーツカー、ぽっちゃりな人はランドクルーザーと想像する。速く走ることは前者の方が得意だが、耐久性とか耐衝撃性には後者にはかなうまい。両方とも長所と短所がある。一番いいのは、一緒にいて楽しく過ごせる方なんだろう。
 どんな泥沼も走れるし耐久性も抜群!と、戦車を選ぶ人はあまりいないだろう・・・。そういう差が、ぽっちゃりとデブブスにつながってくるんじゃないかと。普通の人は、戦車ほどの装甲と走破能力は求めてないわけでcoldsweats01。戦車は燃費も悪いしな。

 まあとにかく、車を選ぶようになんて比べたら女性に失礼ですが、よきパートナーと巡りあうことが人生において一番大切なことでありましょう。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

美人は三日で飽きる、ブスは三日で慣れる

 この前TVを見ていると、かなり太っていた女の人がダイエットに成功したとやってた。でもって、ビフォーアフターを写してたんだが、デブの時もブス、痩せてもブスに見えたcoldsweats01。個人の差があるから、僕はそう見えただけかもしれないが。実際、僕の先輩は結構ブス好き[E:sweat01(あくまで僕から見たらだが)]。芸術作品を見たときどう感じるかは人それぞれのように、人を見たときだった同じだろう。

 ブスpig、こんな話しを聞いたことがある。「美人は三日で飽きるが、ブスは三日で慣れる」という格言(格言なのか?・・・)よく聞く話しではある。ふと考えたんだが、「三日で飽きない美人」、「三日経っても慣れないブス」っていうのもいるんじゃないだろうかflair。当然、前者の方がいい(あくまで僕の主観ですが)。

 結婚するならどんな人がいい?なんて聞いたり聞かれたり。結婚でなくて、「彼女(彼氏)にするなら」と置き換えてもいい。「優しい人がいいな~happy02」「面白い人がいいな~happy02note」なんていうのが定番の答えか。これを、上の美人とブスとくっつけてみると・・・

・三日で飽きる優しい美人
・三日で慣れる優しいブス
・三日経っても飽きない優しい美人
・三日経っても慣れない優しいブス
・三日で飽きる面白い美人
・三日で慣れる面白いブス
・三日経っても飽きない面白い美人
・三日経っても慣れない面白いブス

coldsweats01意味は同じで、少々言い方を変えると・・・
・優しいが三日で飽きてしまう美人
・優しいし三日で慣れるブス
・三日経っても飽きない、そして優しい美人
・優しいんだが、三日経っても慣れないブス
・面白いんだが、三日で飽きる美人
・三日で慣れる、面白いブス
・三日経っても飽きない、そして面白い美人
・面白いが、三日経っても慣れないブス

うーんhappy01sweat01みんなはどの人類がいいんだろう。人それぞれ好みがある。「金持ちがいい!」「丈夫な人がいい」なんていう人もいるかも。ここでは、美人、ブス、優しさ、おもしろさ、という四つしか条件がないが、もっと他に選択肢はあろう。まあ、なんとなくTVを見て閃いたってことで、勘弁してもらいたいが。

「三日経っても慣れない面白いブス」は、なんやらイライラしそうだよねdown。僕だったな~「三日経っても飽きない、そして優しい美人」がいいなhappy02。お前じゃ無理だって?cryingホットケ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブスの品格_2

ブスの品格

1、ブスとは?

ブスの定義

 僕が出会った様々なブスについて語る前に、まずブスとは何かを書こう。ウィキペディアで「ブス」と調べたところ、

 「容姿が劣ることを指す侮蔑的な日本の俗語。不細工を参照のこと。男性の形容にも使われることがあるが、一般には女性の形容に使われる。語源には諸説あるが、1.に由来するという説もある」(ウィキペディア 2007)

と定義されている。次に不細工を調べてみると、

 「容姿や見た目が醜い様子を指す。元は細工(工芸品)の出来が悪いことを言い、転じて、物事一般に体裁が悪いこと、好ましくないことを指す。人に対して使うと侮蔑の意味を持つ」(ウィキペディア 2007)

と書かれている。なるほど、人以外の物にでも使える言葉らしい。女性に面と向かって「ブス!」と言えば、かなりレベルの高い侮辱になるのは容易に想像がつく。僕は誰かをバカにしたいわけではないので、この記事で名前を挙げて、「こいつはブスだ!」というつもりはない。
 絵や物を見て人は何かを感じる。感じ方は人それぞれ違う。感性に個人差があるからだ。まあ当たり前の事だ。だから、見る人の主観であるわけだから、何をどう思おうと勝手だ。しかし、それを他人に強要したり強制するのは間違っている。僕が誰かを眺めたとき「かわいいな」と思っても、他の人は「ブスだな~」と思うかもしれない。それは感性の違いだ。だから、これから挙げるブスは、僕がブスと思った人達について書くわけだ。一般的に言われている「ブス」とは違うかもしれない。写真を載せてあれこれ議論するわけでもないので、読者の方の想像に任せよう。
 不細工の定義で書いたが、ブスとは物や事にも使える言葉らしい。この「ブスの品格」では、人の容姿を対象とすることにする。性格に対して使うこともあるかもしれない。人間に対して用いて、主に容姿に使う。性格について使うこともあると思って欲しい。

参考文献
ウィキペディア 2007 http://ja.wikipedia.org/wiki/

「ブス」で検索 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%82%B9
「不細工」で検索 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%B4%B0%E5%B7%A5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブスの品格_1

ブスの品格

はじめに

 前から書こう書こうと思っていたのだが、最近時間ができたので始めようと思う。「ブス」の定義は後ほどするが、一般的な意味と同じように、ここでは女性の容姿を対象とする。初めに言っておくが、「ブスな女は死ね」とか「ブスは生きている価値がない」とか書こうと思っているのではない。僕が出会ったブスについて思ったことを書こうとしている。だから、「僕が実際に体験した」という狭い範囲の事象を書くわけで、巷の「ブス」がすべてこうなのだ!と言いたいわけではない。これから挙げていく、全くもってひどいブスとは全く違う、すばらしい人も多くいるはずだ。
 人の容姿について言うときには、「お前はどうなんだ」「そんな顔でよく言えるな」とか、「よっぽどもてるのですね」とか皮肉を言われそうだが。実際僕はブ男だと思うし、もてるわけでもない。しかし、何かの物や誰かについて論じるときに、その物に精通する人、同じ立場にある人のみが意見を言っているわけではない。総理大臣や諸大臣を批判するとして、同じ立場ではない人やそれに詳しくない人でも、政治について語る事もある。政治学者だから政治を語る、イケメンだからブスを語る、という場合もある。一般の人がその立場で政治について話す、ブ男がその立場でブスを語る、というのもあるだろう。
 梅雨も明けずじめじめしている時期に、このような陰気くさい事を書くのはもってこいだ。 さて、たわごとを始めるとしよう。

 2007年 夏

| | コメント (0) | トラックバック (0)