カテゴリー「少林寺拳法」の217件の記事

仏骨投・払仏骨投・後仏骨投 #少林寺拳法

仏骨攻の事を書いたので、仏骨を使う技をいくつか思い出しflair

仏骨投・・・オーソドックス
払仏骨投・・・足を刈る
後仏骨投・・・振り向く
仏骨攻・・・仏骨の決め方の総称?

ないけど、後払仏骨投はできそうflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏骨攻 #少林寺拳法

Dsc_1308
喉の仏骨を攻めるflair


| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄抜と両手送小手 #少林寺拳法

以前、「巻抜と両手送小手」という記事を書いたんですが、またまた気になってきて、年少部の子に科目表を見せてもらって、“形”としてはどうやっているのか見てみました。

すると、送小手をする前に片方を抜くわけなんですが、抜きに関しては“巻抜”、“寄抜”のどちらでもいいと書いてありました。なので、片方が捻られる状況であっても、“寄抜”をやる鈎手、“巻抜”をやる鈎手のどちらで守っていてもいいということです。両方とも巻抜防御だとおかしいので、まあ、片方は巻抜的、もしくは両方寄抜的な形になるわけでしょう。

で、以前考察した、巻抜的な鈎手を残しておいて、片方を寄抜して、送小手をかけるという流れですが、先輩に聞くと、関西はそうやるところが多いし、それはそれでいいんじゃないか、ということでしたcoldsweats01。片方抜かないでやるところもあるようで、なんとも形があるようでないような、地域差がある技という感じです。

順の手で寄抜はやりにくいので、巻抜鈎手防御の場合は、差し替える必要が出てくるとは思います。すると、動作が一つ増える?ので、あまり合理的な運用ではないような気もしてきたりsweat02。諸手も巻抜きは、順で抜くのが多くなってきてるようですから、巻抜きは順の手を抜くことは問題無いんでしょう。寄抜は、相手に寄っていく性質上、前にある手だとやりにくいとは思います。

うーん、よくわからんなbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頸脉攻 #少林寺拳法

Dsc_1304
人迎から水突の線を総称した名前が頸脉。咽頭隆起の側方で、頸動脈の拍動部。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

独鈷攻 #少林寺拳法

Dsc_1296
耳の後ろの“独鈷”に引っ掛けるように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

合掌逆小手 #少林寺拳法

逆小手の変化技。相手の手首を上から捕って、生かしたまま体をさばいて投げるtyphoon合掌って付くの多いから、ついつい忘れちゃうんだよな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

握返、逆合掌、送合掌、送指返??? #少林寺拳法

最近ぼけてきたのか、ぱぱっと技の名前が出てこないときがあるbearing。なので、オレ様的に復習・・・。なんか、送指返がなかなか出てこないんだ~。

握返:握手から
逆合掌:腕相撲から
送合掌:変な合掌状態から。二法ある。
送指返:木葉守法から

ということかなflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耳攻 #少林寺拳法

両耳攻ともいうらしい。耳たぶをつまんで攻めるみたいcoldsweats01痛そうだけど、なんだこれって圧法だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風鈴攻 #少林寺拳法

風鈴攻は、耳の付け根を押していくわけですが、経絡的には、“耳門”、“聴宮”、“聴会”の当たりになるんでしょうか?。まあ、押せばいいのです、多少アバウトでも痛いからcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巻抜と両手送小手 #少林寺拳法

片手送小手は巻抜をやるような、相手が腕を捻ったときにやるのかなと思っていた。両手送小手をするときは、両手を掴んできて両方とも外側に捻り上げるような人はいないって聞いたことがあるので、巻かれている方を巻抜してから寄抜ができそうな方で送小手かける。何を言いたいかっていうと、寄抜な捕られ方だろうが、巻抜をやる状況だろうが、両方とも送小手をかけられるんじゃないかってこと。

片手送小手をかけるときは、相手が丁字で攻めてきたり、引いてきたときとあった。一方で、巻抜は寄抜と同じ掴まれ方で、寄抜をさせまいと外側へ捻られたときとあった。巻抜は、“捻る”って相手の動作が必須のようだ。

両手で握られたとき送小手を掛けようと思ったら、まずどちらの腕を抜かないといけないけども、まず寄抜をしてみる。で、相手が邪魔してきたら巻抜する。そして、残った腕の方で、送小手を掛けるっていうような感じが、合理的かな。

両手送小手のときはどちらかを巻抜せよって見たことあるんだけど、これだとあまり関係ないような感じもするな。結局、送小手は、相手の捻りって動作はあまり必要でない気もするし。捻られれば、あの決めの形に持って行きやすいけども、それは必須の条件じゃないような。だって、送小手できるのは、“相手が丁字で攻めてきたり、引いてきたとき”だからね。“捻る”っていうのは条件に入ってない。

なんて考えてみたcatfaceflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧